お店

【飲食店応援】「東広島テイクアウトマップ」アプリをリリースしました

てばさき
てばさき
HIRODAI MEDIA代表のてばさきです。ご報告があります。

この度、たくさんの方々のご協力があり『東広島テイクアウトマップ』アプリをリリースすることができました。

『東広島テイクアウトマップ』とは、地域のテイクアウトできる飲食店をマップ化し、わかりやすく検索できるスマホアプリです。

休業要請によって売り上げが低下した飲食店を応援できればと思い作成しました。

スマホのブラウザで開き『ホーム画面に追加』をするとスマホアプリとして使えます

以下では、その開発経緯と開発に当たっての思いを記していきます。

(使い方や作成の方法といった技術的な側面ではなく、完全に個人的な心情の話です。)

飲食店の経営が危ない

現在、広島では休業要請によって、多くの飲食店が営業できない状況に追い込まれています。

飲食店の売り上げ低下はかなり深刻で、何らかの対抗策を講じなければいずれ閉店も視野に入ってくるでしょう。

そういった状況で急遽テイクアウト始めたという飲食店が増えています。

かなり雑な計算ですが、なにせ東広島市民は約19万人いるので、そのうちの半分くらいの10万人が1000円分のご飯ををテイクアウトで食べると1億円が動きます。

地元の飲食店にとってテイクアウトが活発化すれば強い後押しになるでしょう。

しかし、日々目にするたくさんの店の「テイクアウト始めました」に対して私はこう感じていました。

  • 「結局どこの店テイクアウト可能なのかわからない」
  • 「何時まで空いているのかわからない」
  • 「どんなメニューがあるのかわからない」

各飲食店がそれぞれ別々の媒体(Twitter・インスタ・店舗HP)などで情報発信しているため、

いちいち検索をかけて調べなければならず怠惰な私にとってはどうにも面倒くさいと感じてしまっていました。

(というよりお腹が空いているときには何も考えられないので情報までのステップが多いと途中で断念してしまうのです。)

どうにか情報を集約して、サクッと調べられるような見やすいページが作れないものかと思いました。

ここで少し話が変わるのですが、私はHIRODAI MEDIAとしてサークル・部活を見やすく表示するスマホアプリを作成しています。

これは新入生が新歓が中止になったことでサークル・部活の情報は得にくい状況なのではないか?という課題意識から作成したものです。

これは開始から10日ほどで既に30以上の団体と860人以上のユーザーがアプリをを利用してくれており手応えを感じています。

話を戻すと、サークル紹介に利用したGlideというツールを応用すれば、テイクアウト実施飲食店のマップ表示や検索機能も実装することができます。

Glide · Create Apps from Google Sheets

これでお腹が空いた状態でもテイクアウトができるようになりますね。

アプリ作成開始からリリースまで

Photo by Akkiy

アプリ作成に当たって、プロモーションに強いカメラマンのAkkiyさんにアドバイスをを求めました。

するとこれは非常に価値がある活動であるとのことで、多忙であるにもかかわらず一緒にアプリ開発に協力すると約束してくれました。

(彼はマスク不足に困っている全国の医療機関や教育機関、一般市民の方々に東広島産のマスクを販売する活動をしています。)

東広島産マスクを届けたい|akkiy|note

4月22日(火)に作成を開始し、そこからは非常にスピード感をもって話が進んできました。

まず先行事例として、すでに全国各地でこのような取り組みが行われています。

それらを研究しどのような情報を収集して表示すればいいかを検討しました。

中でも北九州テイクアウトマップ様がオープンソースとして情報や知見を公開してくださっており、非常に参考になりました。ありがたい限りです。

北九州テイクアウトマップ作ってみた|糸川郁己|note

簡単に仕組みの説明をすると、Googleフォームで情報を集め、スプレッドシートで整えて、Glideで表示するという流れです。

アプリを作るだけなら正直1時間あればできるのですが、今後需要が高まることを見越して、なるべくスムーズな作業ができるように検討を重ねて作成しました。

次に、このような地域全体に跨がる企画では、地域の皆様の協力が不可欠です。

いち学生の私(とAkkiyさん)だけで進めるのは難しいです。

そこで、特にいち早くこのテイクアウトの問題に関して動き出していた、東広島イノベーションラボ ミライノ⁺CWO山崎様やひとむすび代表山田様とまるひネットライターの方々、東広島市市議会議員の鈴木様、

また、私が所属している広島大学起業部代表の北村様に協力を打診したところ、快くご協力いただきました。

途中、中国新聞様に取材をしていただたこともあり、アプリへの期待が高まっていることを感じながら作成を進めていきました。

そして4月27日(月)、企画から1週間でリリースすることができました。

これは皆様の協力があってこそです。改めて感謝を申し上げます。

地域全体で飲食店を応援したい。


リリース初日ということもありまだまだ情報不足や情報の誤り(最新情報ではない)が目立つ状況であります。

日々凄まじい勢いで状況が変化する中で、あらゆる飲食店の営業状況を私一人でチェックすることはできません。

このアプリは飲食店の皆様やユーザーの皆様の情報提供により、便利に使いやすく改善されていきます。

私は『東広島テイクアウトマップ』を通じて、地域の全体で地域の飲食店を応援するムーブメントができたら最高だと思います。

まだまだ語りないことはありますが、今回は以上とします。

実際運用してみて感じたことなどをまた続報として記事にしていこうと思います。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

もし興味をもっていただけたなら、ぜひアプリを使って見てください。

飲食店の代表者の方からの掲載申し込みもお待ちしております。
(情報修正や掲載削除も同フォームから)

東広島テイクアウトマップ リンク

メールアドレス:hh.takeout.map☆gmail.com(☆を@に変えてください。)

Twitter:https://twitter.com/hh_takeout_map

facebook:https://www.facebook.com/%E6%9D%B1%E5%BA%83%E5%B3%B6%E3%83%86%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97-105434367819466/?modal=admin_todo_tour

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です