広島大学

【広大生インタビュー】日本に歴代2200人!?熱気球パイロット・高橋さんに話を聞いた!【広島大学B.C.有頂天/UTHOTEN】

トリ
トリ
びゅーーん!!!

てばぺん
てばぺん
他の鳥がうらやましいなあ・・・大空を飛べてさ!

僕はペンギンだから飛べないよ・・・

てばぺん
てばぺん
一曲歌います!「翼をください」

てばぺん
てばぺん
いま〜わたしの〜ねがいごとが〜かなうならば〜つばさがほし〜〜

高橋さん
高橋さん
翼がなくたって空を飛ぶ方法はありますよ!!!

てばぺん
てばぺん
あ、あなたは!

高橋さん
高橋さん
広島大学熱気球サークルUCHOTENの熱気球パイロット、高橋です!


ということで、面白い広大生をにインタビューを行い、記事にして紹介する「広大生インタビュー」第四弾!

熱気球パイロット広大生の高橋さんにお話を聞いてきました!

高橋さんって何者?

ソロフライト時の高橋さん

てばぺん
てばぺん
今回は熱気球パイロットの広大生、高橋さんにお話を伺います。

よろしくお願いしますー!

高橋さん
高橋さん
こちらこそよろしくお願いします!

てばぺん
てばぺん
まずは簡単に自己紹介をお願いします!

高橋さん
高橋さん
広島大学熱気球サークルUCHOTENの熱気球パイロット、高橋一樹といいます。

ちなみに熱気球の熱気球の操縦免許をもっている人は日本に歴代2200人しかいないんですよ!

特技は体感で風速が測れることです(笑)

高橋さん
高橋さん
広島大学熱気球サークルB.C.有頂天(Twitter@bcuchoten/以下UCHOTENと表記)は現在30人程度のメンバーで活動しています。創設44年目の歴史あるサークルです!

UCHOTEN全体の実績としては、昨年度に学生チームとして

日本5大大会のうちの2つ

  • 佐賀インターナショナルバルーンフェスタ
  • 鈴鹿バルーンフェスティバル

に出場しました!

熱気球の5大大会は出場条件が非常に厳しく、ほぼ全てが社会人チーム。

学生チームで出場できるチームはかなり少ない。

てばぺん
てばぺん
なるほどー!なかなかの強豪サークルなんですね!

てばぺん
てばぺん
てか高橋さんめっちゃイケメンやな!!

爽やかイケメンパイロットとか要素詰め込みすぎやろ!惚れてまうわ!!

高橋さん
高橋さん
ありがとうございます!会ってそうそうぶち込んできますね!

熱気球に大会?

大会

てばぺん
てばぺん
熱気球って飛んで風景を楽しんでいるものだと思っていたんですが、大会があるんですね!

どんなルールなんですか?

高橋さん
高橋さん
まずは大会の説明の前に、気球のしくみについて説明しましょうか。

気球は大きく分けて3つのパートに分かれています。

  • 球皮(暖かい空気をためて浮力を生む)
  • バーナー(球皮の中の空気を熱する)
  • ゴンドラ(人と燃料を積む)

小学校の理科で習ったように、バーナーで球皮の中の空気を温めることで空に浮くんですよ。

つまり気球は上下の操縦はできるけれど、左右については風を読んで行きたい方向の風に乗るしかないんです。

てばぺん
てばぺん
なるほど!

高橋さん
高橋さん
そんな中で、気球の大会というのは「熱気球をどれだけ目的地に近づけられるか?」を競うんです。

具体的には定められたターゲットに向かってマーカー(小さな砂袋)を落としてより近くに落としたチームが勝ちになります。

かなり難しいんですが、その分競技性は高いと思います。

熱気球の大会には非常に多くのルールがあり、今回紹介したものは代表的なルールです。詳しくは日本熱気球連盟Webサイトをご参照ください。

てばぺん
てばぺん
そんなルールで戦っていたんですね!初めて知りました!

熱気球Q&Aのコーナー!

バーナー

てばぺん
てばぺん
ここで、私が事前に集めた熱気球に関する質問を聞いていきたいと思います!

サクサク答えちゃってください!


質問者
質問者
Q.熱気球ってどれくらいの高さまで飛べるの?

高橋さん
高橋さん
A.世界最高記録では1万メートルくらいで、かなり高くまで飛べます。

ただし法律的な縛りで広大からだと600〜700mくらいまでですね。

質問者
質問者
Q.すぐ上で火を焚くけど、飛んでいる間って寒い?暑い?

高橋さん
高橋さん
A.めちゃくちゃ寒いです!!真冬の朝に飛ばすことが多いので、超厚着です。バーナーの炎で暖をとったりしています。

質問者
質問者
Qどれくらいの速さで飛ぶの?

高橋さん
高橋さん
時速40kmくらいは普通に出ますね!

不思議な感覚なんですけど、自分が周囲の空気と一体になって動くので全く風を感じないんですよ!

質問者
質問者
Q.どれくらいの燃料を使うの?

高橋さん
高橋さん
A.30分で20kgのガスを消費します。

この量は4人家族の家庭の1ヶ月分のガス消費量です(笑)

本当かはわからないですが、熱気球のバーナーは家庭用ガスコンロの1000倍の出力があり、これで風呂を沸かすと7秒で沸くらしいです。(先輩談)

熱気球パイロット免許は自動車免許と似てる?

上空

てばぺん
てばぺん
自己紹介の時にパイロット免許が〜って仰っていましたが、どうやったら免許をとれるんですか?

高橋さん
高橋さん
自動車免許と同じような感じです。

座学の講習会を受けたり、インストラクターの人と一緒にフライトしたりと勉強をして、最終的に筆記試験とフライト試験に合格すれば晴れてパイロットとして認められます!

  • 日本気球連盟の会員であること
  • 満18歳以上であること
  • Pu/t(Pilot under Training:パイロット練習生)講習会を受講すること
  • インストラクター同乗による訓練飛行を10回かつ10時間以上行うこと
  • インストラクター同乗による対地高度2000ft以上を飛行すること
  • インストラクター地上待機による、単独訓練飛行(ソロフライト)を行うこと
  • 筆記試験に合格すること
  • イグザミナー(試験官)同乗による実技試験に合格すること

てばぺん
てばぺん
なかなか厳しい道のりがあるんですね・・・

高橋さん
高橋さん
だから先輩パイロットの人との繋がりも強いんですよ!

試験に向けて操縦スキルを上げるために、社会人の熱気球チームの方々に指導していただくことも多いんです。

一枚の写真に魅せられて熱気球サークルへ。

てばぺん
てばぺん
大学生になって、熱気球を始めよう!!とはなかなかならないような気がするんですが、どんなきっかけがあったんですか?

高橋さん
高橋さん
きっかけは一枚の写真です。

私はもともと小中高とサッカーをやっていて、大学でもサッカーをやるんだろうな〜と思って入学しました。

高橋さん
高橋さん
入学式ってビラ配りしてるじゃないですか。

入学直後はろくに家も出ず、サークル見学にも全く行っていなかったのに、

入学式でもらったビラの写真には不思議と心を惹かれてしまって、UTHOTENさんだけは見学に行ったんですよ。

高橋さん
高橋さん
そのときの体験会で初めて乗せてもらって、めちゃくちゃ感動したんですよ。

気球から見る景色ってこんなにもすごいのか。」って。

からその場で自分も熱気球パイロットになろうって決めました。

てばぺん
てばぺん
親御さんもかなりびっくりしてたんじゃないですか?

サッカーひとすじの息子がといきなり「俺は熱気球パイロットになる!」って言い出したら。

高橋さん
高橋さん
確かに母さんは面食らってましたね(笑)

気球の魅力は「自然」と「気球人との繋がり」

富士山と共に。

てばぺん
てばぺん
気球にどっぷりはまっている高橋さんですが、気球の魅力ってどこにあるとおもいますか?

高橋さん
高橋さん
そうですね、

  • 「風や美しい自然をそのまま感じられること」
  • 「気球人同士の繋がり」

の二つだと思います。

てばぺん
てばぺん
なるほど二つあるんですね。

高橋さん
高橋さん
誰しも人は、空への憧れを持っていると思うんです。

空を飛ぶ方法って別に気球に乗らなくたって、例えば東京まで飛行機に乗れば空を飛べますよね。でも風を受けることはできない。

一方で、熱気球なら自分の肌身で風や美しい自然を、窓や壁に遮られることなく、直接感じられるんです。

高橋さん
高橋さん
想像してみてください。

高く飛べば、はるか地平線までが見渡せる、音もなくシンとした世界を。

低く飛べば、木々のざわめきと鳥のさえずりだけが響く世界を。

この独特の感覚は自分が自然の一部になれた気がしてすごく好きなんです。

てばぺん
てばぺん
自分も登山が好きなので、自然と一体化する感覚っていうのはすごくわかる気がします。

社会人の方とフライト。

てばぺん
てばぺん
二つ目の「気球人同士の繋がり」についても教えて頂けますか?

高橋さん
高橋さん
気球に関わる人のことを『気球人』っていうんですが、気球人同士はすごく繋がりが強いんです。

大会に行けば、懇親会や交流会があって日本中のチームと仲良くなれます。

昨年は京都大学の気球サークルの皆さんと忘年会をしに京都まで行ってきました(笑)

てばぺん
てばぺん
京都まで!そんなに繋がりが強いってすごいですね。

高橋さん
高橋さん
そもそも、気球って一人じゃ絶対にできないスポーツなんですよ。

バイロット、同伴するクルー、地上で追いかける車のドライバー、無線で連絡をくれる地上クルー、のように多くの仲間が必要です。

上でも言ったように、他の熱気球チームに指導していただいたりする機会も多くて、本当にたくさんの人のおかげで飛ぶことができます。

高橋さん
高橋さん
そういった意味では、気球を飛ばすこと以外の「気球人との繋がり」も気球の魅力だと思うんです。

実際UTHOTENに入って、日本全国へ何時間もかけて運転して、気球を飛ばして、疲れ果てて寝て、そのあとはみんなで観光に行く、そんな生活がすごく楽しいですよ。

てばぺん
てばぺん
めちゃくちゃ楽しそう・・・!

高橋さん
高橋さん
そのせいか大学生の気球人は留年する人が多いです(笑)

てばぺん
てばぺん
単位が墜落してるんかい!ちゃんと勉強もしてください!!

今後の目標:楽しく飛ぶことで恩返しを

チームでフライト。

てばぺん
てばぺん
今後の目標について教えてください!

高橋さん
高橋さん
自分が「楽しく飛ぶ」ことで恩返しをしたいと思っています。

自分がパイロットになれたのは、UTHOTENの仲間や社会人チームの方々のおかげです。

そんな皆さんにどうやって恩返しをすればいいのかなって考えたんですよ。

高橋さん
高橋さん
その答えが「楽しく飛ぶ」ことなんです。

高橋さん
高橋さん
気球人として日本全国で自分が飛び続けることで、気球の楽しさをまわりの人たちに見せていけたらいいなと思っています。

社会人になって離れてしまう人も多いんですが、私は社会人になってもずっと気球に関わっていくつもりです。

てばぺん
てばぺん
大人になっても好きなことに関わっていける競技って素敵ですね。

気球の楽しさは飛ぶことだけじゃない

てばぺん
てばぺん
最後にUCTOTENに興味をもってくれた読者の皆さんに一言お願いします!

高橋さん
高橋さん
サークルに入る理由は「なんとなく面白そう」で十分です!

高橋さん
高橋さん
私も面白そうなことがしたいな、くらいの感じで見学会に行ったことがきっかけでした。

気球の面白さは飛ぶことだけではありません。

仲間と旅がしたいから、チェイスカーの運転がしたいからという理由で入った先輩もいます。

きっとあなたにもあなたの「楽しさ」が見つかるはずです。

てばぺん
てばぺん
今日は本当にありがとうございました!

高橋さん
高橋さん
ありがとうございました!

広島大学熱気球サークルB.C.有頂天

 B.C.有頂天は熱気球を飛ばしているサークルです。1975年に創立され、今年でなんと44周年を迎えました。日本で初めて熱気球が製作され飛んだのが1969年ですから、とても歴史のあるサークルなんです。普段は大学周辺の西条を、休日には遠征して北海道から佐賀まで全国の空を飛んでいます。新入部員大歓迎!

公式サイト:https://bcuchoten.wixsite.com/bcuchoten

Twitter:@bcuchoten

Instagram:@bcuchoten

LINE:https://line.me/R/ti/p/%40snz6550s

質問箱:UCHOTEN@広島大学熱気球サークルの質問箱


熱気球というあまりほとんどの人が馴染みのない世界の話を聞くことができました。

見せてくださる絶景の写真や、高橋さんが語る当時のエピソードにはどれにもすごく魅了されてしまいました。

取材以前にテレビで佐賀バルーンフェスタの様子を見たことがあったのですが、今度からは気球を見る目線が変わりそうです。

これからも「楽しく」日本各地を飛び続けてほしいですね。

↓↓↓広大生インタビュー↓↓↓

【広大生インタビュー】日本酒だけじゃない!?西条ブランドのビールを作る人・日野さんに話を聞いた! ということで、広大生インタビュー第3弾!美味し...
【広大生インタビュー】高速道路に取り残された?!ヒッチハイカーのゴータマはやしだに話を聞いた! みなさんこんにちは、広大生ブロガーてばさきです。 広大生インタビュー第2回目ということで、本日は高速道路に取り残されると...
【広大生インタビュー】全国大会出場・Gishoに自転車競技(トライアル)の魅力を教えてもらった みなさん、自転車と言えば走るもの・・・自転車の大会と言えば速さを競うもの・・・そう思っていませんか? 実はそれだけじゃないんです...

↓↓↓広島大学の記事↓↓↓

【西条】広島大学の面白いWebメディア・イベントスペース・ブログを紹介! みなさん、こんにちは広大生ブロガーてばさきです。 広島大学に関連するWebメディアやイベントスペース、はたまた個人で発信している...
【11月8日(金)広大生ブロガー交流会@オルオルカフェ開催!】情報発信してる/してみたい人で集まろう! みなさんこんにちは、広大生ブロガーてばさきです。 情報発信をしてる/してみたいみなさん!こんな悩みありますよね? ...