ヒッチハイク旅/徒歩旅

【3日目】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅 三重県:亀山市→三重県:四日市市

【3日目】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅

三重県亀山市から東海道徒歩ダーとの出会い、そして三重県四日市市へ

f:id:tebasaki-penguin:20190326132743p:plain

みなさんこんにちは、徒歩ダー系大学生のてばさきです。

 Twitter:@teba_tabi_log

東海道五十三次 歩き旅 

ーこれから東海道徒歩旅をしてみたい人 歩き旅気分を味わいたい人へー

13日11時間12分かけて京都から東京まで東海道を歩き旅をしてきました。

この東海道徒歩旅をするにあたって、たくさんの先人ブロガーさんの記録に助けられてきました。

私も恩返しをするべく、将来の旅人たちのために歩き旅の記録や歩き旅のコツを伝えられるように記録していきます。

<前回の記事>

【3日目】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅 三重県:亀山市→三重県:四日市市 【3日目】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅 三重県亀山市から東海道徒歩ダーとの出会い、そして三重県四日市市へ ...

出発

2019年2月27日 朝6時42分

亀山市の快活クラブを出発した。

今日の目標は四日市市の温泉。

f:id:tebasaki-penguin:20190322110236j:plain

国道28号線を進む。

f:id:tebasaki-penguin:20190322142409p:plain

しばらく進むと迂回路が出てくる。

左側の道に入り、ホームセンターコメリの後ろを通って橋を渡る。

グーグルマップは最短ルートを表示してくるので、右側の自動車専用道路を通らそうとしてくる。

f:id:tebasaki-penguin:20190322111556j:plain

東海道を徒歩で行った先人たちのブログを読んでいたら、とんでもないお方を見つけた。

東海道のスタート地点の三条大橋から関宿までの80㎞をたった一日で進んでいる。

ちなみに人間が一日に歩ける限界は30~50kmだ。

このお方のnoteはとてもおもしろい。

東海道歩き旅に興味がある人は参考にするといいと思う。

いや、エクストリームすぎて参考にはならんわ。

このお方、俺が2日間かけて歩いた距離を1日目で歩いてるんやけど、人間じゃないと思う

凄すぎるhttps://t.co/dDQNU7Zk43

— てばさき/京都→東京歩き旅🚸 (@teba_tabi_log) February 26, 2019

すき家で昼食。

牛丼を食べたら明らかに歩行速度が上がった。

貧乏旅だから食費をケチってスティックパンとかばっかり食べていて、カロリーが足りていない。

てばぺん
てばぺん
腹が減っては戦はできぬ。

そうこう考えながら歩いているとコンビニにでかいバックパックを持った人を発見した。

めちゃくちゃこんなところ歩いてるなんて東海道徒歩ダーっぽいなーーー。

郵便局で郵送

 荷物が重い。

荷物の軽量化は徒歩旅においてトップクラスに大事。

しまなみ海道を歩ききれずヒッチハイク旅にした経験から、今回は必ず歩き通すべく、装備は入念に準備したつもりだった。

主な荷物を一覧にする。

  • 半袖シャツ2枚
  • ズボン2枚
  • エアリズム2枚
  • 下着3枚
  • 靴下4セット
  • タイツ2枚
  • 防水防風のマウンテンジャケット
  • カッパのズボン
  • 長袖のフリース
  • 化粧水
  • 小さなシャンプーとリンス
  • タオル
  • 非常食

など。

まだ軽くできるな…

というより軽くしないとダメだわ。

1gであっても不必要な荷物をこれから400㎞運ぶと考えると、大きなエネルギーロスになる。

郵便局で家に荷物を送り返すことにした。

ズボンを1枚、長袖のフリース、化粧水(水分は重い)、シャンプーとリンス、タオル

ズボンは同じものをタイツをかえたりしつつ5日くらいなら履ける。

洗濯するときは、カッパのズボンを代わりに履けばいいだろ。

長袖のフリースは、歩いている間は暑いのでいらない。

化粧水はなくても死なない。

シャンプーとリンスとタオルは、そもそも3日に一回くらいしか風呂に入れないのでいらない。(温泉にある)

なんだかんだ食べ物はすぐに手に入ることが多かったから、軽量化のために非常食はその場で食べた。

いつしか物事の判断基準が「○○をしなくても死なないから大丈夫」になってくる。

「まあ風呂3日に一回でも死なんやろ」とか「今日の摂取カロリー1000kcalくらいしかないけど、ちょっとくらい大丈夫やろ」とか。

徒歩旅していないときはちゃんと毎日風呂に入ってますからね?

閑話休題。

28号線をはなれ、住宅地に入って郵便局に向かった。

じつは旧東海道だったようで途中で庄野宿を見つけた。

f:id:tebasaki-penguin:20190322145528j:plain

やたらとキツイ坂の上にある郵便局に到着し荷物を家に送った。

荷物が重かったので、無くても死なない物たちを家に郵送した

これでズボンが今履いてる一枚だけになりました(笑)

— てばさき/京都→東京歩き旅🚸 (@teba_tabi_log) February 27, 2019

国道1号線に合流する。

f:id:tebasaki-penguin:20190322151605j:plain

奥の四日市市を目指す。

f:id:tebasaki-penguin:20190322234406j:plain

友人U

道の端で座って休憩していると、うしろからでかいバックパックの青年がきた。

さっきコンビニにいた人だ。

「東海道歩いてるんですか?」

「京都から歩いてますー。」

いろいろと話を聞いてみると、コンビニで自分(てばさき)のことを見つけたが、気が付いたら道からいなくなっていた。(郵便局に寄るために道を曲がったとき)しばらく歩いていたら目の前に現れたので話かけてみたという流れだった。

名前を友人Uとする。

今日の目的地を聞くと自分と同じ四日市市の温泉だった。

友人Uとふたりで歩くことにした。

なんで歩いてるの?

京都の下宿先から愛知の実家まで徒歩で帰省してみようって思って~!

アホなの???(人のこと言えんけど)

帰省のためだから、60L のバックパックの中身の半分以上は徒歩旅に関係ない荷物らしい。

当初はPS4も持って帰ろうとしていたらしい。荷物を持たせてもらうとめちゃくちゃ重かった。

てばぺん
てばぺん
まじで何キロあるんだよ…

軽量化のためにズボンを1枚にするようなやつとは正反対だ。

バイトの話や大学の話をしながら歩いた。

毎日ずっと一人で歩き続けているとほとんど人と会話がない。

久々にちゃんと会話した。

誰かと会話ができるというだけでMP(メンタルポイント:誰かと交流しようという気力や社会的な生活を送ろうとするのに必要なもの)が回復するのが分かる。

 疲れから道を2回間違えたりしつつも、なんとか温泉まで歩くことができた。

てばぺん
てばぺん
クソ重い荷物持ってるのに道間違えて引き返すさせさせたりしてすいませんでした!!!

温泉 

てばぺん
てばぺん
温泉最高!!!!!

過酷な生活の癒しだ。

なんて素晴らしい場所なんだろう。

まるでRPGのセーブポイント…

二人で温泉につかりながら好きなアニメの話をしていたら、一時間くらい経っていた。

シュタインズゲート最高。エル・プサイ・コングルゥ

お風呂から上がったあとは、休憩所の畳で寝た。

f:id:tebasaki-penguin:20190322234211j:plain

爪が黒いのは内出血。

水ぶくれや骨の痛みで足はボロボロ。

カレーうどんを食べたら器がデカかった。

f:id:tebasaki-penguin:20190322234336j:plain

天気予報を見ると翌日の朝が強い雨らしい。

この温泉の休憩室で24時まで寝て夜中に出発し、強い雨が降っている時間をネカフェでの睡眠時間にあてる作戦にしよう。

ということでひとまず就寝。

てばぺん
てばぺん
おやすみなさい〜

三日目のまとめ

【3日目】
9時間27km
三重県四日市市

お金
牛丼380円
荷物の郵送1060円
お風呂500円
ご飯980円
午後ティー160円
計3080円

道中で、愛知まで東海道徒歩旅の大学生と出会う!😂
共に温泉に行き、めっちゃ喋ってメンタルが回復!

だが水ぶくれは悪化

温泉が閉店したら、深夜歩きを決行します! pic.twitter.com/Voosh7psCA

— てばさき/京都→東京歩き旅🚸 (@teba_tabi_log) February 27, 2019

GPSログ

f:id:tebasaki-penguin:20190322235637j:plain

次回 【4日目】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅

【4日目】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅 三重県:四日市市→愛知県:大府市2019年6月25日追記:前後編を1記事にまとめました     【4日目前半】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅 三重県四日市市から、...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です