ヒッチハイク旅/徒歩旅

【4日目】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅 三重県:四日市市→愛知県:大府市

2019年6月25日追記:前後編を1記事にまとめました

 

 

【4日目前半】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅

三重県四日市市から、深夜の歩き旅をして、三重県桑名市へ

f:id:tebasaki-penguin:20190326132534p:plain

 

<前回の記事>

 

 

 

2019年02月28日 午前0時22分

満殿の湯を出発。

満殿の湯は宿泊ができないため、別に寝床に行かなければならない。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190323160733j:plain

 

 

https://goo.gl/maps/e2fsk1e8naM2

周囲にはネカフェがある。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190323161919p:plain

 

 

が、しかしできるだけ早く着きたいので、さらに進んで桑名市の快活クラブを目指す。

 

 

寝床まで3時間ほど。

国道一号線を通ると遠回りなので国道64号線と国道66号線を通るルート。

 

f:id:tebasaki-penguin:20190323162724p:plain

 

 

朝3時くらいから雨の予報だから、それまでに桑名市のネカフェにたどり着きたい。

 

goo.gl

 

 

友人Uともお別れ。

 

 

 

以前のヒッチハイク旅でたまたまであった知り合った友人Gという大学生がいる。

友人Gとそのあと一緒に1週間旅した。

友人U(今回の徒歩ダー)と大学の話をしていると、友人Uと友人Gは大学・学年・学部・学科が同じだとわかった。

 

 

 

世間せまっ!

 

 

 

六次の隔たりという話を思い出した

ja.wikipedia.org

 

友達の友達の友達の…○○君という風に何人か知り合いを経由すると6人ほどで誰にでもにたどり着けるという説である。

 

「俺の友達のバイト先の先輩の妹が橋本環奈の同級生やねんて!」などは大学生の会話でありがちだ。

ときどき「世間せまっ!」となることがあるが、六次の隔たりの話を知ると数字で理解できる。

 

ちなみに私は3人ほどで有村架純にたどり着ける。

(だからといって実際に合えるわけではないので机上の空論だ)

 

 

 

コンビニに立ち寄り雨に備えて折り畳み傘と肉まんを購入。

肉まんって炭水化物とタンパク質と申し訳程度やけど野菜が取れるのになんと120円!

しかもカロリーが250kcal取れて120円!

さらになんとなんと歩きながら食べられる!

 

f:id:tebasaki-penguin:20190323165538j:plain

 

川を渡った後、右側に迂回が必要だった。

このあたりは大型トラックが速度を出して運転していて、歩道がない箇所では怖かった。

 

f:id:tebasaki-penguin:20190324005405j:plain

 

 

街灯もなく真っ暗な道を歩く。

鉄塔ずっと向こうまで連なり、はるか先には町の明かりがみえる。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190324003613j:plain

 

 

ライトがないと目の前も見えない暗さだった。

ついSF的妄想が膨らむ。

……人類はみな死んだ。はるか先にの町ではいまだ無人の発電所は生きているようだ。だれもいない町をこうこうと明かりが照らす。私は唯一かもしれない生き残りだ。ほかにもどこかの町に生き残りいることを信じて旅を続けている……

 

 

 

霧のような雨が少し降り出してきた。

 

このへんは新興住宅街になっていて坂の上にある。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190324010041j:plain

 

 

雨が少し降り出す中、坂を上る。

足首の関節が限界を迎えかけている。

 

登り切った先には急な下り坂。

目的のネカフェは坂の下にあった。

 

 

え、せっかく坂登ったのに下るの…?

 

 

 

つ、つらい…

 

 

一つ重要な歩き旅のコツを掴んだ。

 

 

 

 

 

住宅地は避ける。

 

 

 

 

 

住宅地に入ると本当に歩きにくい。

 

国道一号線のような大きな道では考え事でもしながら歩けるが、住宅地に入ると常にマップを見ながら歩くことになるので、精神力の消費が格段に増える。

 

 

だいたい10㎞に対して2㎞以内なら遠回りでも大きな道を選んだ方がいい。

 

 

新興住宅地に入ってしまうと最悪だ。

新興住宅地は車がないと生活できないような坂の上にある。

いままで住宅地じゃなかったところを開発して住宅地にしたのだから当たり前だけど。

 

新興住宅地がありがちなのは、

  • 区画整理が完璧すぎる
  • 大きな車道の近く。JCTやバイパスなど

 

 

 

 

つらい坂道を乗り越えて午前4時7分本日の寝床の快活CLUB桑名新西方店に到着。

 

 

濡れた服をネカフェのブースで干す。

眠気はピーク。いつの間にか眠りに落ちていた。

 

 

 

【4日目後半】京都から東京 東海道五十三次 歩き旅

三重県桑名市から、木曽川を抜けて、愛知県大府市へ

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326132208p:plain

 

 

<前回の記事>

 

 

 

 

2019年2月19日 午前11時15分過ぎ

 

朝4時に到着してナイトパック8時間。ネカフェを出発した。

天気は雨。あまり状態が良いとは言えない。

あと数時間で雨は止む予報だったが、あまり強い雨ではなかったので進むことにした。

 

今日中に愛知県に突入したい。

 

f:id:tebasaki-penguin:20190325234328j:plain

 

 

川の方に向かって歩く。

かなり急勾配の坂だった。

ここに住んでいる人たち車がないと絶対生活できないね。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190325235300j:plain

 

 

坂道で足首が安定しなかったの望みをかけて、ドラッグストアでサポーターを買ってみた。

 

 足がむくんで既に靴がキツかったので、超薄型のやつにした。

goo.gl

 

 

なんとなく安定感が増した気がする。

 

長良川の橋に差し掛かった。

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326000242j:plain

 

 

 

風が強えぇぇぇーーー!!

 

傘が吹き飛びそう!

せめて右側の歩道を歩くべきだったな。

体を丸めて傘に密着させるように歩く。

 

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326000443j:plain

 

川を渡るときはいつも、自然のスケールの大きさに感動する。

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326000843j:plain

 

一号線沿いになばなの里の上側を通過し、次は木曽川に差し掛かる。

この尾張大橋を渡れば愛知県!!!

対岸には愛知県の建物たちが見える。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326001133j:plain

 

 

 

 

よっしゃー!愛知県突入!!!

 

 

橋の上では遮るものがないため、写真を撮った直後に傘がひっくり返った。

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326001526j:plain

 

 

突入したのは愛知県弥富市。

金魚の生産で有名らしい。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326001739j:plain

 

 

一号線を進む。歩道は整備されている。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326002201j:plain

 

 

雨の中歩き続けて、エネルギーを消耗したのでマクドナルドで休憩。

 

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326002843p:plain

 

 

マクドナルドを出るころには雨が止んでいた。

 

表札に静岡が出てきた。193km。

まずは名古屋まで少しずつ進んでいこう。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326003919j:plain

 

 

さらに一号線沿いに進む。

 

グーグルマップのルートに従って国道一号線を離れ、住宅地を通った。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326004220j:plain

 

結局道がややこしくて通りにくかったため一号線沿いに戻った。

まっすぐ一号線沿いを行ったほうが近かったやん…

 

急がば回れ。

 

しまなみ海道のときにも同じ失敗をしているのに、なかなかショートカットの誘惑に逆らえない…

 

 

 

今日の目的地までは6時間くらい。

f:id:tebasaki-penguin:20190326004539j:plain

 

 

日暮れもそろそろ近くなってきた。

一号線の方が若干迂回路になっている。

歩道橋を渡り、さらに進む。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326005333j:plain

 

 

温泉の誘惑…

なんならネカフェが隣接しているためそのまま寝ることだってできる。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326005600j:plain

 

お金と時間の節約のためにスルー。

もっと先に進まなければ。

 

中央奥に高いビルがいくつか見えてきた。

 愛知出身の人いわく、名古屋駅前のビルでした。

こんなに遠くから見えるんだなあ。

 

 

完全に日が沈んだ。

そういえばライトが欲しいな。

いまは手にもつペン型のライトを持っているけれど、バックパックに着けられるやつがほしい。

goo.gl

 

ちょうどいいところにダイソーを発見。そしてピッタリのライトを発見。

明るく、歩行者の存在がしっかりアピールできる。

カラビナが初めから付いているので、バックパックにもつけやすい。

このライトは東海道徒歩旅を通して大活躍だった。

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326011543j:plain

 

 

前後両方欲しくなったので、のちにもうひとつ買い足した。

名古屋市に入った。

名前の伏線(?)を回収できぬままただただ一号線を進む。

名古屋駅まで生きたかったが大幅ロスになってしまうので寄れない。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326011907j:plain

 

 

夜道をひたすら歩く。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326011728j:plain

 

 

さすが名古屋。道幅が広い。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326012243j:plain

 

 

 

よし!今は20時。

今から向かえば、2時間35分で温泉につく!!!

温泉に入って体を休めて、それからネカフェで寝よう!!!

goo.gl

 

雨の中歩いてきたから、温泉は楽しみだなあ。

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326012628j:plain

 

 

しかし、数々の難所が待ち受けていた…

 

 

難所その①

23号線沿いに川を渡りたいけど、歩道がなくなる。

え、どこからわたんの?!

f:id:tebasaki-penguin:20190326014345p:plain

 

 

先ほどのところからまっすぐ進むとめっちゃ奥に歩道橋があって川を渡れる。

 

 

f:id:tebasaki-penguin:20190326014558p:plain

最初暗すぎて歩道橋の存在に気が付かず、自動車専用道に入りかけたりしてかなり時間ロス。

 

難所その②

グーグルマップでは普通に歩けばいいと思いきや、突然歩道がなくなったり、公園の中を突っ切らされたりする。

明るいときはよくても、夜は道が見えないとマップ頼みになるので難しい。

f:id:tebasaki-penguin:20190326015422j:plain f:id:tebasaki-penguin:20190326015433j:plain

 

難所③

①ラブホ街を通らされて、めちゃくちゃ坂。

②名古屋南ICを避けてイオンモール側に出ようとする。新興住宅地。半端ない坂。

ほんまに住宅街は通ったらあかん。

③302号線を全然渡れねぇ。

④突然雑草だらけの細い道に突っ込まされる。

⑤交差しすぎてどこに向かう歩道かわからない

⑥グーグルマップが通れるよ!っていってくる道が廃止されている。

f:id:tebasaki-penguin:20190326021128j:plain

 

結果的にこの道を通るのに、2倍近く時間がかかった。

足は限界の状態。

あまりにも辛い状態で無駄に歩かされると、心の中に何かに対する憎しみしかなくなる。

 

ジェダイなら完全にダークサイドに堕ちている。

f:id:tebasaki-penguin:20190326022157j:plain

 

 

せめて、青の道で進めばマシだった。

 

何度も言っているように、歩道がなくなったり複雑な道を通ったりするくらいなら遠回りしてもわかりやすい道を通るべきだ。

 

ここから得られた教訓は、

 

「高速道路のそばを通るな」

 

もしこの記事を読んだあなたが名古屋市→大府市間を歩くなら必ず別ルートで行こう。

さもなければダークサイドに堕ちます。

f:id:tebasaki-penguin:20190326023759j:plain

 

 

 

時間的にはギリギリ温泉に入れる時間ではある。

しかし一刻も早く荷物を投げ出して横になりたかったので直接ネカフェに向かった。

壊滅したメンタルでなんとか今日の寝床にたどり着いた。

goo.gl

 

 

 

【4日目のまとめ】

 

お金
ライト216円
パン216円
マクド500円
サポーター1833円
絆創膏718円
ネカフェ2734円
6217円

 

 

<次回>

 

 

<Twitter>

twitter.com

 

<質問箱>

peing.net

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です